2017年10月16日

自分でやれる復讐方法を探す必要はない

復讐方法を探していると自分でやれるかどうかを検討する方が多いと思います。


しかし究極的なことを言えば自分で復讐する必要というのはなかったりもします。


結局のところ自分の望む状態に相手が陥ればそれで恨みが晴れるのではないでしょうか?




もちろんその為に一番簡単そうに見える選択肢が自分で実行するということです。


あくまでも簡単そうに見えるだけで実際のところは復讐方法を探し回っている自分がいる訳です。


ひとまず自分がやるかどうかは置いといて、どういう結末になれば良いかを考えてはいかがでしょうか。




その結末に向けて行動を逆算していき、自分でやれそうなら実行すればいいだけの話です。


難しいのであれば仲間を引き入れるか復讐代行などで対応していく方がスムーズでしょう。


復讐屋に頼むなら相手はプロですから成功率も当然ながら上がると思って良いです。


ですが無理難題を押し付けても断られるのがオチですから、そこは建設的に相談していくと良いでしょう。
ラベル:復讐 方法 自分
posted by まさき at 16:57| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

上司に対する復讐方法は周りを巻き込むのが良い

上司に対して復讐をするのであれば一人で立ち向かうのはオススメしません。


そもそも立場的に上の人物をターゲットにする以上、数か質で勝負しなければいけないものです。


この手のケースの場合は数=味方を増やす、質=上司よりも更に上長を味方にするということになります。


その何れも難しいこともありますが、基本的な戦略としてはこういう流れを意識していくと良いでしょう。




ではどちらも実現できそうにないという場合の対策ですが、愚直に復讐屋を頼った方が良いです。


ここで味方がいないが玉砕覚悟で復讐するという方法をとると、見事なまでに玉砕できます。


そして上司には大したダメージがないまま自分が会社を去るという結末になるでしょう。




立場関係が自分よりも上の人物を相手にするなら、あまり自分で動かないようにしましょう。


何か煙が立っただけで自分にダメージがきやすくなりますし、メリットがないのです。


もちろん身軽というメリットはありますが、それは復讐方法にバリエーションを持たせることができるだけです。


結果に対するメリットがない以上、誰かしらを頼った方が良いでしょう。
posted by まさき at 21:06| Comment(0) | 職場での復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

電話番号などを晒す復讐方法は絶対にやってはいけない

15年くらい前であればネット上も整備されておらず、様々な方法で恨みを晴らす方がいました。


電話番号や住所、氏名などを晒すというのも以前かなり多かった方法ですが今では全く見かけません。


なぜなら法整備が進み、これらの行為は法に触れるようになったからです。


法に触れるような復讐というのはやっても自分に返ってきますから止めるべきです。


合法的な復讐方法はいくらでもあるのですから。




しかし現実としては検討する方が現在もいます。


この手の方法が一番簡単で後先を考えていないという話ですが。




ただ考えてみてください。


電話番号を晒したところで変更されたらそれで終わりです。


住所も極論をいえば引っ越せば解決してしまうのです。


一過性の復讐で気が済むような方が、このような過激な方法を考えたりしません。


つまり自分が求めていることと実行しようとしている手法が噛み合っていないのです。




また自分でやることに執着しすぎというのもあるでしょう。


復讐屋など信頼できる友人が仮にいなくても頼るところはいくつもあります。


結果として復讐が完了して恨みが晴れればそれで良い訳ですから、選択肢は多く検討した方が良いでしょう。
posted by まさき at 21:51| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

近所への復讐方法は地固めから

どんなところに住んでいても基本的に近所トラブルというものは付いてきます。


そんな時に復讐を、方法をと模索することもあるかとは思いますが、まずはちょっと待ちましょう。




幾ら相手に非があるとはいえ、唐突に復讐劇を繰り広げてしまっては事情を知らない他のご近所さんから危険視されます。


それは復讐が終わってからの平和な生活を送るにあたってリスクとなりますし、先にご近所を懐柔してしまうことをオススメします。


ママ友繋がりや自治会などでターゲットの方が密につながっているという背景がない限り、自分で色々と相談と称して事実を広めてしまって良いです。


もし上記のように自分が近所内で不利な立場にいるのであれば、復讐屋などの第三者を動かしていった方が賢明かもしれません。




この懐柔作業が終わると、一気に状況が有利になっていきます。


場合によってはターゲットが村八分にされ自ずと復讐が完了するというケースもあります。


それだけ味方を先に作っておくというのは重要なのです。




さて、前準備が終わって復讐が完了していない場合は、方法を模索していくという段になります。


自ら動いても何らリスクがない状況なら自分で動いても良いでしょう。


何らかのリスクがある場合は第三者を利用するという方法を執るべきです。


味方になったご近所さんに協力してもらうのも良いですし、完全な第三者となる復讐代行業者でも構いません。


結局のところ目的が達成できれば復讐完了なのですから。
ラベル:復讐 方法 近所
posted by まさき at 20:32| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

学生だからこそ出来る復讐方法というのもある

社会人と比べると学生はどうしても使えるリソースというものが違いますから、復讐方法も社会人とは違ったものを考える必要があります。


第一に金銭的な余裕というものがありませんから、復讐屋を使おうにも殆どのケースで依頼することが不可能な状態だったりします。


もちろん金銭的な余裕があって自分で実行できるような内容でない場合に復讐屋を使うのはアリです。




それ以外のケースでどう解決していくかというところですが、やはり学生だからこそ可能な方法を使うのが良いでしょう。


社会人よりも学生の方が勝っている点というのは2つあります。


1つは時間的な余裕は社会人よりも間違いなく多いでしょう。


もう1つは友人知人の繋がりが緻密ですから、協力者を得ることは比較的簡単です。


明らかにターゲットの非が大きいようなケースにおいては仲間を得ることが更に簡単になりますから、これを利用した方が良いでしょう。




自分の復讐に賛同してくれる友人が多いと、それだけで圧力になりますしターゲットに復讐の意志が発覚したとしても数の力で押さえられます。


また自分で何もしなくとも周りが動くというケースもありますから、数の力はそれだけ大きいと思っておいた方が良いでしょう。




兎にも角にも仲間を得て時間を有効活用していけば活路は見えてきますので、やはり諦めないことが一番大切です。
ラベル:復讐 学生 方法
posted by まさき at 20:30| Comment(0) | 学生ができる復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする