2018年04月18日

復讐方法は実行できてこそのもの

復讐方法をキッチリ考えてから復讐を実行することは大切ですが、その考え方に問題があるケースというのも存在します。


具体的には理想論に走りすぎて実行不可能なことを考えてしまうだとか、自分が実行することに執着してしまいリスクを背負うといったケースです。


これらを警戒するあまり消極的に考えることも問題なのですが、恐れず復讐方法を構築するには視界を広くすることが重要な点となります。




例えば自分だけで復讐を完結させる必要というのは全くありません。


完全な他人、つまり復讐屋などに代行してもらうこともできますし、信頼できる友人と協力することだって可能です。


また一見実行不可能なことでも複数人で対応することで実行できるようにもなります。




このように選択肢というのは無限にありますが、あくまで自分の恨みが晴れる復讐方法でないといけません。


上手くバランスを取るには、まず相手がどうなれば恨みが晴れるのかを考えるべきでしょう。


そこから現実的に逆算していくことで実行可能で、かつ有用な復讐方法というものを生み出すことができます。
ラベル:復讐 方法 実行
posted by まさき at 17:40| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

復讐方法を感情的に考えてはいけない

感情的に復讐を実行するとろくなことにならないのと同様に、復讐方法も感情的に考えてはいけません。


理由としては同じようなものですが、結局のところ計画性がなくなり最終的に失敗する可能性が高くなります。


恨みを持っているので仕方ないとはいうものの復讐が成功してこそですから冷静に復讐方法を考えていくべきでしょう。




あまりにも感情がコントロール出来ないということであれば第三者を頼る選択肢を模索すべきです。


親身になって考えてくれる友人や知人、また完全な第三者として復讐屋なども選択肢に入ってきます。


復讐方法を考えたものの実行役がいない時などの代行や復讐方法そのものを立案・実行してくれますので頼る人物がいない時も最後の砦として機能します。




ただし復讐屋を検討するに際して忘れないでおきたいのは復讐の着地点を考えておかなければいけません。


復讐相手をどうしたいのか、どうなれば自分の恨みを晴らすことができるのかを前提として考えて伝えるべきです。


でないと復讐屋としてもやることをやったのに自分が満足いっていないというトラブルに発展してくリスクがあります。
ラベル:感情 方法 復讐
posted by まさき at 17:22| Comment(0) | バレない復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

復讐方法を参考にする時は実際にやれるものかで判断する

ネットで調べれば復讐方法でさえも直ぐに集まるという凄い時代になりましたが、単に集めれば良いという訳ではないのが復讐方法です。


情報で大切なのは真偽であり、ネットの情報は特に真偽が分かりにくいものであるという前提で調べていかねばなりません。


実際にやれるのか、もしくは実際にやったことがあるものなのかを判断しないと時間の浪費に終わってしまうのです。




また、実行された正真正銘のノンフィクションであったとしても自分のケースに当てはめて活用できるかというのは別の話です。


どれだけ良い復讐方法であっても相手に効果がなければイタズラと変わりません。


このようにネットでの調査力というのは判断能力も併せていないと有効活用には程遠い結果になってしまうわけです。




ではそのような自信がない場合どうすれば良いのかといえば、結局のところ友人や復讐屋などに相談が一番早いということになります。


どれだけネットが進歩しても実店舗で販売しているお店が消滅しないのと同じで、復讐したいという気持ちがある限り復讐屋なども消えることはありません。


つまりは需要がそれだけあるということですので、必要であれば相談してしまった方が良いでしょう。
ラベル:復讐 実際 方法
posted by まさき at 16:25| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

復習方法において仕返しを恐れる必要はない

復讐方法を考えていく上で誰しも必ず考えてしまうのが相手の仕返しや報復です。


もし○○されたらどうしよう・・・と想像してなかなかことが進まない、そんなことはないでしょうか。


結論からいえば仕返しなんて考える必要は全くありません、恐れないでください。




まずまずもって何故恐れるのかといえば、自分が復讐の首謀者だと分かってしまうと仕返しされるという流れのはずです。


そもそも復讐方法というのは全てが自分の立案だと分かるようなものでしょうか?


間違いなくそれは違うはずで、首謀者を隠蔽するような方法をもって実行すれば何ら問題ないといえます。




ではどうすればよいのか?簡単な選択肢として第三者に頼んでしまうということです。


第三者でかつ自分との繋がりが他人から見えない相手にすれば首謀者を隠蔽できるということになります。


復讐屋であれば最も楽にそれが達成できますし、他人から見てつながっていないと思うような自分だけの知り合いでもそれは可能です。
ラベル:復讐 方法 仕返
posted by まさき at 13:58| Comment(0) | バレない復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

旦那に対する有効な復讐方法

夫婦生活を続けていると復讐心の1つや2つ芽生えるものですが、だからといって実行には躊躇するのも夫婦というものです。


しかし我慢を続けていてもストレスに苛まれるだけですから何らかの手段をもって恨みを晴らしておきたいところ。


そんな際に有効な旦那への復讐方法を考えていきましょう。




基本的に夫婦ほど距離感の近い関係はありませんから、何かする前に察する可能性すらあるというのが現実です。


だから躊躇してしまうのですが、そもそもこの考え方が若干誤っています。


まず自分で動くから自分でやったとバレてしまい、自分に報復がきてしまうから躊躇している。


これが細分化した躊躇する理由で、結局のところ自己完結させようとあれこれ考え込んでいるということですね。




前述の通り自分で動くからバレる訳で、これが他人ならどうでしょうか?


他人に誰が該当するかはケースにもよりますし、環境によっても変わってきます。


ママ友や知人が当てはまる場合、大きな恨みが募って復讐屋が該当する場合、などなどです。


誰を利用する、または誰なら利用できるかを考えて検討してみると良いでしょう。
ラベル:復讐 方法 旦那
posted by まさき at 13:32| Comment(0) | 夫への復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする