2018年02月15日

復讐方法を考える際に理由や動機は必要ない

復讐方法を練り上げる際にそもそもの理由付けなどを考える方がいますが、これは不要です。


あくまで理由や動機というのは復讐することを決める際に必要なもので後は冷淡に計画実行で良いのです。




もちろんモチベーションは大事かと思いますが、余計な感情を挟み込んでしまうと計画に綻びが生まれます。


その綻びが計画の失敗率を上げることになりますから冷静沈着に進めていくことが大切なのです。


あまりにも感情的になってしまうのであれば別の選択を取ることも考えていかねばなりません。




1つの選択として他人にまかせてしまうという手があります。


要するに復讐屋や復讐代行といった業者に委ねてしまうということです。


第三者に頼ることができれば自分がいくら感情的でもさほど問題はありませんから、一考の余地はあるでしょう。
ラベル:理由 方法 復讐
posted by まさき at 14:46| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

仕事上の復讐方法

人が生活している中でもっともストレスに満ちているのは仕事である、という方も少なくないでしょう。


そんな仕事上で復讐したいほど恨みを持ってしまった場合の解決方法を模索していきたいと思います。




大前提として法に触れるようなことを考えてはいけませんし、最も悪手と位置づけた方が良いでしょう。


発覚した時点で社会的信用を失い人生がどん底に堕ちてしまいます。


そんな選択は紛れもなく握手ですし、恨みを晴らしたところで人生が暗ければ意味もありません。




基本的に仕事上の復讐というのは相手を貶めるか自分をターゲットよりも秀でた存在として認知させるかの二択です。


相手を貶めるというのは文字通り過失を暴露するなり、何らかの手段を以て降格などさせるということです。


自分を秀でた存在にするというのは成績や役職などを相手よりも上にすることで相手に劣等感を植え付け復讐とする方法です。


多くの方は前者を選びますから、相手を貶めるしかないと考えても卑屈になる必要はありません。




さて、方針が決まればあとは着地点を見定め計画を立てていく流れになります。


相手を貶めるのであれば弱味や不正などを洗い出すところから始めてウィークポイントを探していきます。

また復讐屋などの助力を得るのも良いでしょう、法に触れないよう指針を策定して動いてもらうことで力強い存在となります。
ラベル:方法 復讐 仕事
posted by まさき at 14:03| Comment(0) | 職場での復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

不倫に対する復讐方法は正攻法が一番効く

不倫が明るみに出て復讐してやろうと方法を模索するものの、ありきたりな展開になってしまうことが多いです。


ですが、実のところそれが正解だったりもするのです。


どんな結末に向かって復讐していきたいのかにもよりますが、一番ダメージを与えられる復讐方法は正攻法なのです。




あくまで不倫や浮気に対する制裁・復讐での話ですが事実を公にして賠償なり罰を与えられるスムーズな方法が一般的な正攻法です。


そもそも込み入った復讐方法というのは相手の責を公にできない場合に執るものです。


公的にも法的にも制裁を加えられるのであれば正攻法が一番らくなので選ぶべきだったりします。




もっとも自分は不倫の事実を掴んでいるのにターゲット達に隠蔽されているといった場合は例外となります。


証拠をつかむ為に奔走するのも1つの手ですが、復讐方法を模索するというのもアリです。
ラベル:方法 復讐
posted by まさき at 19:32| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

復讐方法は対象者に合わせて練るべき

復讐方法の基本はいかに対象者へ効果的なことができるかです。


こう言ってしまえば極々当たり前のことだろうと思う方が大多数でしょう。


しかしいざ復讐方法を考えだすと自分に何ができるかを優先して考えているのではないでしょうか。




それが独りよがりな考え方だということではありません。


実行不可能を考えてもそれは妄想であり、現実的にできる復讐方法を考える必要があるからです。


しかし対象者に効果がないことばかり考えても意味がないのも事実です。


あくまで実行可能で、対象者に効果がある復讐方法であることが求められるのです。




とはいえ自分に実行可能かどうかで判断する必要は全くありません。


誰かしらが実行可能であれば、その人に任せてしまえば良いからです。


分かりやすい選択肢が復讐屋などでしょう、自分にやれなくても復讐屋がやれることなら復讐方法としては問題ないはずです。


あとは復讐屋を利用するかどうかの話になってきますが、これはまた別問題ですからまず復讐方法を構築することが何よりも優先されるのです。
ラベル:復讐 方法 対象者
posted by まさき at 14:27| Comment(0) | 学生ができる復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

報復を恐れなくて済む復讐方法とは

復讐において懸念される点は報復という方は多いのではないでしょうか。


実際のところ報復を恐れるあまり復讐方法を思いついても実行しない方というのは少なくありません。


しかしそれを恐れて復讐しないままというのは、自分一人で我慢を続けるということです。


対策さえすれば報復を限りなくゼロにすることは可能ですので検討すべきかと思います。




具体的な方法をいえば自分で実行しないことが最も有効な手段です。


そもそも報復されるということは、自分が復讐したとバレているということです。


であればバレないように復讐する、つまり第三者が実行すれば問題ないということになります。




また、その際にアリバイを作っておけば偶然疑われても問題がなくなります。


復讐屋に依頼をするなど第三者に実行させて待っているだけでなくアリバイを作っておいた方が良いということですね。


何れにせよ何もせずに時間を浪費するということは避けたいものです。
ラベル:復讐 方法 報復
posted by まさき at 19:14| Comment(0) | バレない復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする