2018年02月15日

復讐方法を考える際に理由や動機は必要ない

復讐方法を練り上げる際にそもそもの理由付けなどを考える方がいますが、これは不要です。


あくまで理由や動機というのは復讐することを決める際に必要なもので後は冷淡に計画実行で良いのです。




もちろんモチベーションは大事かと思いますが、余計な感情を挟み込んでしまうと計画に綻びが生まれます。


その綻びが計画の失敗率を上げることになりますから冷静沈着に進めていくことが大切なのです。


あまりにも感情的になってしまうのであれば別の選択を取ることも考えていかねばなりません。




1つの選択として他人にまかせてしまうという手があります。


要するに復讐屋や復讐代行といった業者に委ねてしまうということです。


第三者に頼ることができれば自分がいくら感情的でもさほど問題はありませんから、一考の余地はあるでしょう。
ラベル:理由 方法 復讐
posted by まさき at 14:46| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

仕事上の復讐方法

人が生活している中でもっともストレスに満ちているのは仕事である、という方も少なくないでしょう。


そんな仕事上で復讐したいほど恨みを持ってしまった場合の解決方法を模索していきたいと思います。




大前提として法に触れるようなことを考えてはいけませんし、最も悪手と位置づけた方が良いでしょう。


発覚した時点で社会的信用を失い人生がどん底に堕ちてしまいます。


そんな選択は紛れもなく握手ですし、恨みを晴らしたところで人生が暗ければ意味もありません。




基本的に仕事上の復讐というのは相手を貶めるか自分をターゲットよりも秀でた存在として認知させるかの二択です。


相手を貶めるというのは文字通り過失を暴露するなり、何らかの手段を以て降格などさせるということです。


自分を秀でた存在にするというのは成績や役職などを相手よりも上にすることで相手に劣等感を植え付け復讐とする方法です。


多くの方は前者を選びますから、相手を貶めるしかないと考えても卑屈になる必要はありません。




さて、方針が決まればあとは着地点を見定め計画を立てていく流れになります。


相手を貶めるのであれば弱味や不正などを洗い出すところから始めてウィークポイントを探していきます。

また復讐屋などの助力を得るのも良いでしょう、法に触れないよう指針を策定して動いてもらうことで力強い存在となります。
ラベル:方法 復讐 仕事
posted by まさき at 14:03| Comment(0) | 職場での復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする