2017年11月15日

復讐方法の第一歩はまず想像するところから

やれ色々な条件で復讐方法を探すというのを模索するのは良いですが、まず諸々の流れを想像できないことには始まりません。


目の前のものを手に取るという時、まず頭で取るということを意識するものです。


もちろん反射的に動くということもありますが、復讐は計画するものなので反射的にやることではありません。


だからこそ計画の行く末を想像できないことには成功する復讐もできません。




具体的には復讐行為の流れと復讐の末に辿り着く相手の結末です。


これが現実的に、かつ明確に想像できるのであれば良い計画ということになります。


逆にどう考えても期待している結末にたどり着かないのであれば、現実的ではない、失敗する可能性が高い復讐方法ということです。


ここに関しては本当に現実的に考えないといけません。


理想で語っても実際に動かなければいけないことですから、理想で動けるはずもありません。




もちろん自分でやれなくても復讐屋に依頼することで実現可能なものもあります。


結局のところ自分で無理にやろうとするから失敗するということもあるので臨機応変に考えていくべきでしょう。
ラベル:方法 復讐 想像
posted by まさき at 17:15| Comment(0) | バレない復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください