2018年01月17日

復讐方法は対象者に合わせて練るべき

復讐方法の基本はいかに対象者へ効果的なことができるかです。


こう言ってしまえば極々当たり前のことだろうと思う方が大多数でしょう。


しかしいざ復讐方法を考えだすと自分に何ができるかを優先して考えているのではないでしょうか。




それが独りよがりな考え方だということではありません。


実行不可能を考えてもそれは妄想であり、現実的にできる復讐方法を考える必要があるからです。


しかし対象者に効果がないことばかり考えても意味がないのも事実です。


あくまで実行可能で、対象者に効果がある復讐方法であることが求められるのです。




とはいえ自分に実行可能かどうかで判断する必要は全くありません。


誰かしらが実行可能であれば、その人に任せてしまえば良いからです。


分かりやすい選択肢が復讐屋などでしょう、自分にやれなくても復讐屋がやれることなら復讐方法としては問題ないはずです。


あとは復讐屋を利用するかどうかの話になってきますが、これはまた別問題ですからまず復讐方法を構築することが何よりも優先されるのです。
ラベル:復讐 方法 対象者
posted by まさき at 14:27| Comment(0) | 学生ができる復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください