2017年12月04日

合法的な復讐方法というのは自己判断が難しい

これは当然といえば当然なのですが、自己判断でこれは合法的な復讐方法だと思っていても実は違うことがあります。


あまりにも自分の都合で法的なところを解釈してしまうと、こういった復讐方法ができやすいわけです。


かといって誰かに相談することもできない状況で、ましてや弁護士などに相談する内容でもありません。


ではどうしたら良いのか?というところを考えていきたいと思います。




まず一般的な常識に当てはめて自分の復讐方法を評価していってください。


倫理観は特に気にする必要がありません、所詮世の中は偽善で満ち溢れているので復讐なんてものは一般論でいえば悪いことです。


そういうことではなく法的にどうなのかという話です。


そこを冷静に考えられるだけの資料などの情報とフラットな感情を準備してください。


冷静でないまま何かを考えても自己都合に当てはめてしまうものですから意味がありません。




自分の思考だけで判別できないなら法的な資料を用意して良いところです。


また選択肢の1つとして復讐屋に相談してみるというのもアリですが、業者は基本的に自分で実行をする依頼のみ受けます。


あまりにも暇なら相談でも受けてもらえるかもしれませんが、そこは業者の判断ありきだと思った方が良いです。


自分たちで実行しない復讐方法のお墨付きを与えるというのも、一般論で考えれば変な話ですからね。
ラベル:復讐 方法 合法的
posted by まさき at 13:46| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

その復讐方法、本当に効果がありますか?

復讐方法を紹介しているサイトなどは沢山ありますが、それが本当に効果のあるものかというのは誰にも分かりません。


なぜなら紹介している方が実行して効果を確認した保証もありませんし、そもそも実行されたことがあるのかも保証がないからです。


真実を知るのは紹介している方しかいないと思った方が良いでしょう。




ですが恨みを持っていれば復讐をしますし、復讐をするなら復讐方法が必要です。


何も考えずに効果がある保証がないのであれば、自分で本当に効果があるのか検討するしかありません。


また復讐ごとに相手は変わるわけですから、その相手に効果があるかを前提に考えいくべきでしょう。


どう動けばどういう結果になるのか、それを現実的にシミュレーションしていくのです。




しかしそういった検討をする時間がない、もしくは考えがまとまらないという方が多いのではないでしょうか。


だからこそ自分で1から復讐方法を組むことなく、どこかで紹介されている復讐方法を探しているのだと思います。


そういった場合は自分で探すよりも復讐屋などに相談することをオススメします。


中途半端に自分でやって失敗するよりも、プロに頼んで完遂してもらった方がメリットは多いはずです。
ラベル:復讐 方法 本当
posted by まさき at 13:16| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

親への復讐方法は親族を巻き込んだほうが良い

親に対する一番の復讐方法は全ての縁を切ってしまうことですが、関係性は保ちつつ復讐したいという方も多いものです。


そんな時に活躍してもらうのが親の兄弟や親、つまり親族に協力してもらうことが何よりも有効でしょう。




年齢を重ねていても親は親、子は子という関係が普遍的であったりするものです。


親子は親子なので子供が何かしたところで普通の視点から捉えてもらえないため良い復讐方法であったとしても効果が低いということがあり得ます。


であれば親子のしがらみから外れている親族に協力してもらう方が話も早いのです。


同じことを言ったとしてもターゲットから見て自分の子供が言っているのと兄や姉が言っていることは意味が違うのです。


ここを利用しない手はないでしょう。




しかし高齢になるにつれて親族がそもそもいないという事情の方も増えてきます。


だからといって自分でどうにかしようとせずに第三者を頼った方が良いでしょう。


人の繋がりというのは生きていく上で必要不可欠です。


誰かしらが自分よりも立場的に上の方がいるというケースが大多数ですから、その方に協力を仰ぐと良いでしょう。


そういう方もいないということであれば、復讐屋など自分が選択できるものから復讐方法を選んでいく流れになります。
ラベル:復讐 方法
posted by まさき at 14:59| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

浮気に対する復讐方法は正攻法から

浮気をされたので徹底的に復讐していきたいということなら、まずは正攻法から進めていくことが良いでしょう。


つまりは弁護士などを伴った慰謝料請求などがそれにあたります。


どうしてこの方法が良いのかは最後までご覧頂くと納得できるはずです。




正攻法での復讐というのは慰謝料請求だけにとどまりません。


請求に伴って事実関係が公になることも含めて復讐の方法と捉えることができるでしょう。


大げさに言えばあらゆる社会的な制裁を受けるので、この時点で恨みが晴れたのなら終わりでも構いません。


しかし未だ許せない、まだまだ復讐が必要だと考えているのであれば次のステップです。




手元には慰謝料など潤沢な資金があるはずですから、これを使って復讐屋への依頼などを行なっていきます。


自分では到底実行できないようなことを代行するのが復讐屋ですし、自分が動かない以上あらたな制裁が可能です。


また自分の懐が痛むことがない訳ですし、非常に有用な手段ということにもなります。


だからこそ正攻法での復讐から入るのが良いですし、後になって効いてくるということなのです。




いや、慰謝料だろうともう自分のお金だし手放したくないという気持ちが強いなら、復讐屋を使わなければ良いだけです。


しかし自分で追加制裁をと考えてもやれることは限られてきますし、意趣返しされるリスクもあります。


これらを天秤にかけて選択すれば良いだけの話ですから、必ず使うべきという話ではありません。
ラベル:浮気 復讐 方法
posted by まさき at 15:55| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

因果応報を待つのは復讐方法ではない

何か嫌なことをされても相手には天罰が下るから自分で復讐をする必要はない。


という話はいわゆる因果応報というものなのですが、これは復讐の方法としては不適切です。


なぜなら復讐というのは自分が何かしら自分の手を使って相手を制裁するもので、待つものではありません。




仮に恨んでいる相手が大病を患うなりしたとしましょう、それで自分自身の恨みは晴れるでしょうか?


多くの方が恨みをもっているままだと思いますし、結局それは復讐を実行していないからです。


つまるところ因果応報を待っても復讐として成立しないということになります。




比較的軽い恨みであれば相手が不幸になることで恨みも晴れると思いますが、大きな恨みほどこれは期待できません。


やはり自分で手を下す、あるい自分の指示なり依頼なりで相手が堕ちていく様を見て恨みというものは晴れます。


一人で実行することが難しい状態でも友人・知人・復讐屋など協力者となる人物は必ず存在します。


恨みを耐えて苦しい時間を過ごしながら因果応報を待つか、即手を下すか選択するのは自分自身です。
posted by まさき at 15:47| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする