2018年06月27日

パワハラに対する復讐方法は正攻法から邪道まで何でもあり


パワハラ行為をされて復讐をと考える方は多いと思いますが、方法は幾つも存在していますので明確に決める必要があります。


大雑把にいえば証拠を記録して正攻法でターゲットを懲戒なり解雇に追い込む方法というのがまず1つで、これが一般的かもしれません。


もう1つは同じく証拠を握って弱みとして法に触れない範囲で復讐行為を進めていく方法、そして全く関係ないところから復讐する方法の3つです。




正攻法の復讐に関しては会社のコンプライアンス体制がしっかりしているという前提があればどんなケースでも対応できますが、証拠は必須となっていきます。


弱味にする方法であればパワハラの証拠がなくとも何かしらの不正をしている証拠があれば、それを弱味にできますので応用はそれなりに効くでしょう。


そして無関係な復讐方法であれば、もはや証拠に固執することなく復讐が可能ですから汎用性は当然ながら高いということになってきます。




結局のところ3パターンありますが、自分がターゲットに対して何を求めているかというのが非常に重要です。


会社を辞めさせたいのに会社外で無関係に復讐していても多少の恨みは晴れると思いますが本質的には辞めていないので復讐は達成できていません。


正攻法でいくのであれば弁護士という選択肢がありますし、他は復讐屋などもありますから何を求めどう動いていくかというのは最初の段階で検討した方が良いでしょう。


posted by まさき at 22:10| Comment(0) | 職場での復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

嫌がらせへの復讐方法は目的を明確に

嫌がらせをされたので復讐したい、だから方法を探しているというのは正しい考え方の順序であることは間違いありません。


しかし最終的な目的を明確にしないことにはどんな方法が合っているのかも分からず、適当に選んでしまうことになります。


それは自分の望んだ結末にたどり着かない可能性が高く、せっかく復讐をしたのに満足いかなかったということになりかねません。




目的なくして道を歩くのは単なる散歩ということにならないよう、まずは目的を決めることになりますが、注意すべき点もあります。


それは嫌がらせをした相手に対して自分の望む形で報復をしたいのか、嫌がらせを止めたいのか、もしくはその両方かということです。


報復については人によって望む形が変わってしまう以上、それは自分で考えなければいけませんが嫌がらせを止めるというのは話が別です。




嫌がらせをされた人物が嫌がらせをした人物に対して直接報復をした場合、さらなる嫌がらせを誘発しかねません。


ですので嫌がらせをしっかり止めるなら誰が報復をしたのか分からないようにしないと後が怖いという状況になってしまいます。


これを解決する為には相手が知らない交友関係や復讐屋など、第三者の力を借りる必要がありますので事前に模索しておくと良いでしょう。

posted by まさき at 21:04| Comment(0) | 職場での復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

仕事上の復讐方法

人が生活している中でもっともストレスに満ちているのは仕事である、という方も少なくないでしょう。


そんな仕事上で復讐したいほど恨みを持ってしまった場合の解決方法を模索していきたいと思います。




大前提として法に触れるようなことを考えてはいけませんし、最も悪手と位置づけた方が良いでしょう。


発覚した時点で社会的信用を失い人生がどん底に堕ちてしまいます。


そんな選択は紛れもなく握手ですし、恨みを晴らしたところで人生が暗ければ意味もありません。




基本的に仕事上の復讐というのは相手を貶めるか自分をターゲットよりも秀でた存在として認知させるかの二択です。


相手を貶めるというのは文字通り過失を暴露するなり、何らかの手段を以て降格などさせるということです。


自分を秀でた存在にするというのは成績や役職などを相手よりも上にすることで相手に劣等感を植え付け復讐とする方法です。


多くの方は前者を選びますから、相手を貶めるしかないと考えても卑屈になる必要はありません。




さて、方針が決まればあとは着地点を見定め計画を立てていく流れになります。


相手を貶めるのであれば弱味や不正などを洗い出すところから始めてウィークポイントを探していきます。

また復讐屋などの助力を得るのも良いでしょう、法に触れないよう指針を策定して動いてもらうことで力強い存在となります。
ラベル:方法 復讐 仕事
posted by まさき at 14:03| Comment(0) | 職場での復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

上司に対する復讐方法は周りを巻き込むのが良い

上司に対して復讐をするのであれば一人で立ち向かうのはオススメしません。


そもそも立場的に上の人物をターゲットにする以上、数か質で勝負しなければいけないものです。


この手のケースの場合は数=味方を増やす、質=上司よりも更に上長を味方にするということになります。


その何れも難しいこともありますが、基本的な戦略としてはこういう流れを意識していくと良いでしょう。




ではどちらも実現できそうにないという場合の対策ですが、愚直に復讐屋を頼った方が良いです。


ここで味方がいないが玉砕覚悟で復讐するという方法をとると、見事なまでに玉砕できます。


そして上司には大したダメージがないまま自分が会社を去るという結末になるでしょう。




立場関係が自分よりも上の人物を相手にするなら、あまり自分で動かないようにしましょう。


何か煙が立っただけで自分にダメージがきやすくなりますし、メリットがないのです。


もちろん身軽というメリットはありますが、それは復讐方法にバリエーションを持たせることができるだけです。


結果に対するメリットがない以上、誰かしらを頼った方が良いでしょう。
posted by まさき at 21:06| Comment(0) | 職場での復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

職場での復讐方法は基本自分でやらない方がいい

職場での復讐を自らの手で行なってしまうと、場合によっては自分がクビになるリスクがあります。


もちろんそうとは限りませんが、基本的にネガティブな行為をしたら相応のリターンがあると思った方が良いでしょう。


ですので答えとしては他人、それもターゲットよりも上長のポジションにいる人物を使っていくことが望ましいです。


明らかに不正を行っているなら匿名で告発しても良いですし、うまく取り入っていくのもアリです。


とにかく自分はお膳立てをすることに徹して直接は手を下さない。


そうしないと不毛な争いや結果がそこに待っていると思っておきましょう。




もし誰も動かすことができないなら復讐屋などの外部勢力を使うというのも問題ありません。


職場がよほど外部との接触を断つようなところでない限り方法はあるはずです。


部外者が入れないところでも輸送物など何かを職場に入れることは可能ですから、そこを糸口に計画を練れば良いだけです。




仮にそれすら難しいようなところだとしても、職場での実行を諦めて外部で実行すれば良い訳です。


要するに寝泊まりしてるようなところでない限り何らかの方法があります。


復讐を諦める必要はこれっぽっちもないのです。
ラベル:職場 復讐 方法
posted by まさき at 21:32| Comment(0) | 職場での復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする