2018年10月05日

復讐方法に自業自得という展開は存在し得ない

復讐の類として聞く話として、自業自得だとか因果応報といったものの話を見聞きすることがあります。


しかし自業自得や因果応報な結果を待つことが復讐方法ということにはなりません。


そもそもこれらは自滅や自爆といった結果なだけで、自分は何も復讐をしていないということになるので、当然のことですが復讐方法にもなりません。




もしこれを復讐方法とするのであれば、自滅したところに追撃を入れるくらいのことをしなければいけない気がします。


復讐というのは自分で何かをすることなので自発的な行動があってこそではないでしょうか。


自業自得な結果を待つというのは受動的というか受け身な体制で何も行動をしていないということに等しいです。




もちろん復讐方法が思い浮かばいからタイミングを待っているという意味の受け身は良いかもしれません。


ただこのスタンスは自分一人で解決しようとしているからこそで、復讐というのは一人で解決しなければならないものではないです。


友人に相談してみるのも良いですし、復讐屋に依頼してみるというのも選択肢にあるんですから。
posted by まさき at 23:49| Comment(0) | バレない復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

復讐方法は短時間で実行できるものが良いとは限らない

理想の復讐方法を想像した時に殆どの人は「直ぐに実行できて簡単で効果が高いもの」を想像するはずです。


復讐に限らず何でも短時間でさっくり終わる方が良いのは間違いないですし、復讐方法にそれを求めるのも無理はありません。


が、必ずしも復讐方法というのは短時間で終わるものが良いとも限らないものですし、恨みが大きければ長い時間をかけて実行した方が良い場合もあります。




復讐が短時間で終わるか長時間かけてやるかというものの違いは、単純に復讐方法に左右されるものと思っても良いかもしれません。


が効果と時間の関係については効果の高い低いというよりも「ガツンと復讐する」か「ジワジワと復讐する」という抽象的な違いと言った方が良いでしょう。


それぞれの違いというのは文字通り一瞬で高い効果を得て一気に恨みを晴らすか、相手が苦しむ様を見て徐々に恨みを晴らしていくかという意味にもなります。




どちらが良いかというのは本人の性格にもよるのかもしれませんが、どうしても大きな恨みを一気に解消しようとすると、それなりの大きな復讐をする必要があります。


しかしジワジワと復讐していくのであれば1つ1つは簡単なものでも確実に効果を得られる復讐方法を選べるので、より簡単なのではないかと思います。


あくまでも性格次第というのがなんとも言えませんが、必ずしも短時間の決着が良いという訳ではないというのは間違いないでしょう。
ラベル:復讐 方法 時間
posted by まさき at 19:01| Comment(0) | バレない復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

復讐方法を感情的に考えてはいけない

感情的に復讐を実行するとろくなことにならないのと同様に、復讐方法も感情的に考えてはいけません。


理由としては同じようなものですが、結局のところ計画性がなくなり最終的に失敗する可能性が高くなります。


恨みを持っているので仕方ないとはいうものの復讐が成功してこそですから冷静に復讐方法を考えていくべきでしょう。




あまりにも感情がコントロール出来ないということであれば第三者を頼る選択肢を模索すべきです。


親身になって考えてくれる友人や知人、また完全な第三者として復讐屋なども選択肢に入ってきます。


復讐方法を考えたものの実行役がいない時などの代行や復讐方法そのものを立案・実行してくれますので頼る人物がいない時も最後の砦として機能します。




ただし復讐屋を検討するに際して忘れないでおきたいのは復讐の着地点を考えておかなければいけません。


復讐相手をどうしたいのか、どうなれば自分の恨みを晴らすことができるのかを前提として考えて伝えるべきです。


でないと復讐屋としてもやることをやったのに自分が満足いっていないというトラブルに発展してくリスクがあります。
ラベル:感情 方法 復讐
posted by まさき at 17:22| Comment(0) | バレない復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

復習方法において仕返しを恐れる必要はない

復讐方法を考えていく上で誰しも必ず考えてしまうのが相手の仕返しや報復です。


もし○○されたらどうしよう・・・と想像してなかなかことが進まない、そんなことはないでしょうか。


結論からいえば仕返しなんて考える必要は全くありません、恐れないでください。




まずまずもって何故恐れるのかといえば、自分が復讐の首謀者だと分かってしまうと仕返しされるという流れのはずです。


そもそも復讐方法というのは全てが自分の立案だと分かるようなものでしょうか?


間違いなくそれは違うはずで、首謀者を隠蔽するような方法をもって実行すれば何ら問題ないといえます。




ではどうすればよいのか?簡単な選択肢として第三者に頼んでしまうということです。


第三者でかつ自分との繋がりが他人から見えない相手にすれば首謀者を隠蔽できるということになります。


復讐屋であれば最も楽にそれが達成できますし、他人から見てつながっていないと思うような自分だけの知り合いでもそれは可能です。
ラベル:復讐 方法 仕返
posted by まさき at 13:58| Comment(0) | バレない復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

報復を恐れなくて済む復讐方法とは

復讐において懸念される点は報復という方は多いのではないでしょうか。


実際のところ報復を恐れるあまり復讐方法を思いついても実行しない方というのは少なくありません。


しかしそれを恐れて復讐しないままというのは、自分一人で我慢を続けるということです。


対策さえすれば報復を限りなくゼロにすることは可能ですので検討すべきかと思います。




具体的な方法をいえば自分で実行しないことが最も有効な手段です。


そもそも報復されるということは、自分が復讐したとバレているということです。


であればバレないように復讐する、つまり第三者が実行すれば問題ないということになります。




また、その際にアリバイを作っておけば偶然疑われても問題がなくなります。


復讐屋に依頼をするなど第三者に実行させて待っているだけでなくアリバイを作っておいた方が良いということですね。


何れにせよ何もせずに時間を浪費するということは避けたいものです。
ラベル:復讐 方法 報復
posted by まさき at 19:14| Comment(0) | バレない復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする