2017年08月25日

バレない復讐方法は至ってシンプル

復讐するにしてもバレない方法でやりたいという方は多いですが、大概の方が勘違いをしています。


それは「バレずに自分で実行出来る方法」を探していたりするからです。


そもそも自分が行動するということは、それだけバレる痕跡を残すということになります。


ハッキリ言ってバレたくないのにこれはいけません。


バレたくないなら痕跡は徹底的に消す必要がありますし、残る可能性がある行為は積極的に排除する必要があります。


ですので発覚を恐れるのであれば自分で動くということを優先事項にしてはいけません。




単純に考えて自分で動くよりも赤の他人が動いた方が発覚の可能性も低くなるのは明確な事実です。


このことから、誰に動いてもらうかというのを優先的に考えていった方が良いのではないでしょうか。


候補としては大きく2つあります。


ひとつはターゲットが知り得ないが自分とは交友がある人物、つまり友人や親戚、知人などです。


もうひとつは復讐代行や復讐屋と呼ばれる完全な第三者ということになります。


絶対にバレてはいけないような復讐においては誰も知らないような第三者の方が良い訳ですから、復讐屋などが筆頭候補になります。


もちろん赤の他人に頼むからには見返りが必要ですし、当然ながら復讐屋も費用を支払って実行をお願いします。


そのコストと見合わない復讐であるなら候補からは消えますし、消えないなら検討していくべきでしょう。




どうしても知人と完全な第三者では交友関係を辿られる可能性を考えると第三者に軍配が上がってしまいます。


とはいえコスト度外視で復讐したいケースというのも全てに当てはまることではありませんから、ここは冷静に考えていくのが良いと思います。
posted by まさき at 20:02| Comment(0) | バレない復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする