2017年08月29日

友達への復讐方法は仲間を作るところから

友達関係であっても復讐したいという出来事は当然ながらあるものです。


ですが友人関係であるからこそ実行する方法を慎重に決めないと色々なものが破綻します。


ターゲットの友達と仲が良い人は全て敵となっていくでしょうし、それが自分の友人達よりも大多数ならハブられてしまうでしょう。


学校や職場だとそんな状態であと何年も関係を持たなければなりません。


それに耐えられるでしょうか?あちらが悪いのに。


そうならない為にも復讐を結構する前に味方を多く引き込んでおくことをオススメします。




どんな仲間かといえばターゲットと共通の友人などターゲットに関係している人物を中心にしていくと良いでしょう。


こちらに非がない出来事が原因で恨みを持っているなら、間違いなく味方になってくれるはずです。


逆に非があると実は逆恨みだったということになりますから、まずは相談という形でアプローチしてみるのはどうでしょうか。


特に共通の友人がいないのであれば味方を作るよりも第三者に任せた方が良いと思いますので、復讐屋などに相談すると良いでしょう。




味方を作っておくことによって復讐を実行した際に「あぁアレの件ね」という理解も得られますし、ターゲットの非がとても大きい場合は周りが勝手に復讐を始めます。


自分で手を下さないと気が済まないというケースはこの限りではありませんが、誰かが勝手に制裁を加えただけでも満足する方は多いのではないでしょうか?


そのあたりは復讐で目指す着地点にも関係してきますので、一番最初に考えておくと良いかもしれません。


いずれにせよ、友達への復讐は方法よりも仲間の数がものを言うということです。

ラベル:復讐 方法 友達
posted by まさき at 20:22| Comment(0) | 友達への復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする