2017年08月31日

同僚へ復讐するなら姑息な方法が良い

姑息な手段を相手にとられると「なんて卑怯な!」と思ってしまうものですが、同僚への復讐においては最適な方法となります。


ターゲットに悪しき習慣があるなら、それを噂話として広めてみるだとか、間接的に評価を下げていくと面白い展開になっていきます。


ただし嘘を風評することは法に触れてしまいますから、その点などを注意して行動した方が良いでしょう。




結局のところターゲットがどうなれば復讐完了かということになりますが、辞めるなり降格してしまえば凡そ達成でしょうから、第一手としては良い訳です。


相手によってはそれだけで解決しないこともありますから、次の手を考え実行していき、最終的には辞めさせるという流れで良いでしょう。


徐々に復讐の方法としては難易度が上がっていきますし、ちょっと難しいと感じたら復讐屋に工作の依頼をすることも検討すると良いかと思います。


要は目的が達成できない限り恨みを持つ相手と毎日顔を合わせることになってしまう訳ですから、動き出したら諦めないことが鉄則です。




究極的に自分が退社してでもという気持ちになるかもしれませんが、どうせ辞めるならその前にやれることをやっても良いのではないでしょうか。


こればかりは人それぞれの考え方次第になるものの、多くの方は「会社の同僚を辞めさせたい」とまずは復讐屋に相談しているようです。


復讐屋に問い合わせて聞いた話なので真偽のほどは分かりませんが、そこまで実態とかけ離れていたりはしないはずです。


なぜなら大きな恨みというのは晴らさなければ全く解決しないものですから、頼れるものは頼ってしまうものなのです。
ラベル:復讐 方法 同僚
posted by まさき at 19:48| Comment(0) | 同僚への復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする