2018年01月17日

復讐方法は対象者に合わせて練るべき

復讐方法の基本はいかに対象者へ効果的なことができるかです。


こう言ってしまえば極々当たり前のことだろうと思う方が大多数でしょう。


しかしいざ復讐方法を考えだすと自分に何ができるかを優先して考えているのではないでしょうか。




それが独りよがりな考え方だということではありません。


実行不可能を考えてもそれは妄想であり、現実的にできる復讐方法を考える必要があるからです。


しかし対象者に効果がないことばかり考えても意味がないのも事実です。


あくまで実行可能で、対象者に効果がある復讐方法であることが求められるのです。




とはいえ自分に実行可能かどうかで判断する必要は全くありません。


誰かしらが実行可能であれば、その人に任せてしまえば良いからです。


分かりやすい選択肢が復讐屋などでしょう、自分にやれなくても復讐屋がやれることなら復讐方法としては問題ないはずです。


あとは復讐屋を利用するかどうかの話になってきますが、これはまた別問題ですからまず復讐方法を構築することが何よりも優先されるのです。
ラベル:復讐 方法 対象者
posted by まさき at 14:27| Comment(0) | 学生ができる復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

復讐方法に簡単さを求めてはいけない理由

何をするにも簡単な方がいいのは当然ですが、復讐方法においてそれを求めると落とし穴が待っています。


今回は簡単の定義を誰にでも実行可能、つまりイージーという意味で考えていきます。




誰にでも可能な復讐方法というと聞こえは良いですが、それだけやることが簡単であると効果はどうでしょうか?


結論からいえば効果もイマイチである可能性が非常に高いです。


もちろん例外もあってその方法が相手にとって弱点を突くやり方であればイージーな方法でも効果は絶大でしょう。




要するに簡単な復讐方法を模索するのは良いですが、相手の弱点に沿ったものであることが望ましいです。


であれば効率的に復讐できますから、大前提を履き違えないように考えていくことが大事ですね。
ラベル:簡単 方法 復讐
posted by まさき at 19:51| Comment(0) | 学生ができる復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

学生だからこそ出来る復讐方法というのもある

社会人と比べると学生はどうしても使えるリソースというものが違いますから、復讐方法も社会人とは違ったものを考える必要があります。


第一に金銭的な余裕というものがありませんから、復讐屋を使おうにも殆どのケースで依頼することが不可能な状態だったりします。


もちろん金銭的な余裕があって自分で実行できるような内容でない場合に復讐屋を使うのはアリです。




それ以外のケースでどう解決していくかというところですが、やはり学生だからこそ可能な方法を使うのが良いでしょう。


社会人よりも学生の方が勝っている点というのは2つあります。


1つは時間的な余裕は社会人よりも間違いなく多いでしょう。


もう1つは友人知人の繋がりが緻密ですから、協力者を得ることは比較的簡単です。


明らかにターゲットの非が大きいようなケースにおいては仲間を得ることが更に簡単になりますから、これを利用した方が良いでしょう。




自分の復讐に賛同してくれる友人が多いと、それだけで圧力になりますしターゲットに復讐の意志が発覚したとしても数の力で押さえられます。


また自分で何もしなくとも周りが動くというケースもありますから、数の力はそれだけ大きいと思っておいた方が良いでしょう。




兎にも角にも仲間を得て時間を有効活用していけば活路は見えてきますので、やはり諦めないことが一番大切です。
ラベル:復讐 学生 方法
posted by まさき at 20:30| Comment(0) | 学生ができる復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする