2018年06月14日

嫌がらせへの復讐方法は目的を明確に

嫌がらせをされたので復讐したい、だから方法を探しているというのは正しい考え方の順序であることは間違いありません。


しかし最終的な目的を明確にしないことにはどんな方法が合っているのかも分からず、適当に選んでしまうことになります。


それは自分の望んだ結末にたどり着かない可能性が高く、せっかく復讐をしたのに満足いかなかったということになりかねません。




目的なくして道を歩くのは単なる散歩ということにならないよう、まずは目的を決めることになりますが、注意すべき点もあります。


それは嫌がらせをした相手に対して自分の望む形で報復をしたいのか、嫌がらせを止めたいのか、もしくはその両方かということです。


報復については人によって望む形が変わってしまう以上、それは自分で考えなければいけませんが嫌がらせを止めるというのは話が別です。




嫌がらせをされた人物が嫌がらせをした人物に対して直接報復をした場合、さらなる嫌がらせを誘発しかねません。


ですので嫌がらせをしっかり止めるなら誰が報復をしたのか分からないようにしないと後が怖いという状況になってしまいます。


これを解決する為には相手が知らない交友関係や復讐屋など、第三者の力を借りる必要がありますので事前に模索しておくと良いでしょう。

posted by まさき at 21:04| Comment(0) | 職場での復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

効果的な復讐方法はターゲット次第

効果的な復讐方法というのは自分の好みで選んでしまっては絶対に見つかりません。


あくまでも効果的=相手にとってという観点から選定を行わないことには効果的な復讐方法になりえないのです。


しかし世の中で紹介なり掲載なりされている復讐体験、または復讐方法というのはそういう観点から書かれたものではありません。




その殆どが職場や家庭内などのシチュエーションを軸とした書き方となっているため、相手の弱点がどうこうという話ではないのです。


そして体験談などに書かれた相手というのは自分が復讐しようとしている相手でない以上、効果は未知数であると考えるべきです。


もしも相手の弱みを知っていて、それを突ける行動が体験談となっているなら話は別ですが、そのような観点で誰もが復讐方法を探していません。




更にいえば大前提として相手の弱点が分かっていないといけませんから、必ずしも前提がクリアできているとは限りません。


どこかしらに書かれている復讐の情報を参考にするのであれば、それがクリアになっている必要があるのです。


これから調べるという手もありますが、それでも分からないということなら復讐屋などに相談した方が効果的といえるでしょう。
ラベル:復讐 方法 効果的
posted by まさき at 17:18| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

復讐方法には大人流の仕返しを

復讐方法というのは考え方によって法的なラインとは違ったベクトルで良くも悪くもなります。


良い復讐方法というのも言葉の響き的に違和感を覚えるかもしれませんが・・・。


やって自分がメリットを享受できる復讐、出来ない復讐と言い換えるとスムーズかもしれません。




そもそもの話、復讐というのは自分と相手の間にあるもので第三者からすれば他人事であることが多いです。


ですから結局は独りよがりであって良いもので、自分が良ければ全て良しと考えて問題ないことなのです。


しかしそこは大人ですから、周りに迷惑をかけることなく合法的に復讐も果たそうというのが大人流の考え方になります。




法を侵して復讐しても迷惑なばかりか自分の首を締めますから冷静に考えていくことが必要です。


考え抜いた結果として何も出てこなかったら復讐屋などに相談して解決を図るという手もあります。


それこそが大人流の復讐方法になり得るものだと思います。
ラベル:復讐 方法 大人流
posted by まさき at 20:05| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

理不尽なことに対する復讐方法ほど慎重に考えるべき

理不尽なことをされた時ほど復讐したくなるものですが、方法については慎重に考えるべきです。


いくら理不尽といえど相手が合法的なことをしている場合、これを上手く復讐するには合法的に対処しなければなりません。


もちろん法に触れる復讐などしてはいけないことですが、相手がどういうことをしてきたかというのも重要なファクターとなります。




例えば明らかなハラスメント行為を行っていた場合、国の法に触れなくとも会社の方に触れてしまいます。


となるといくらか復讐方法に幅が出てきたりもするのです。


当然ながら国の法に触れることはできませんが、会社内としては多少のお目溢しがあるでしょう。


そうなれば多少過激な復讐方法を執ったところで咎められることもないかもしれません。




ただしそういう状況を作るには根回しが絶対的に必要といえます。


どんな復讐であれ綿密に計画を練り、しっかりと実行することが大事です。


また一人でだめなら複数人、それでも厳しいなら復讐屋などと選択肢を多く持つことも大切です。
ラベル:理不尽 復讐 方法
posted by まさき at 20:58| Comment(0) | 会社への復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

紹介されている復讐方法はあくまで体験談である

復讐方法を紹介しているサイトは数多くあれど、それが実際に役立つかといえばそうでもありません。


なぜなら紹介されているのは体験談であって自分の復讐に効果的という意味で載っている訳ではないからです。


このギャップを埋められない限りネット上の復讐方法はいつまで経っても自分にとって役立たずなままです。




ではどう解消するかといえば、あくまで参考として「こういう動き方があるのか」というケースに留めることです。


復讐の相手が変わる以上は弱味や環境などが完全に一致することはありません。


ですが動き方の参考になったり、シチュエーションの中での流れは参考にすることができます。




これらの事例を基に自分の復讐計画を練り上げていくわけですが、どうにも上手くいかないこともあるでしょう。


そんな時は復讐屋なども利用できますから、まずはどうすれば自分の恨みは晴れるのかを念頭に置くことが重要です。


なぜなら恨みが晴れないままではストレスが溜まるどころの話ではなくなってしまうからです。
ラベル:方法 復讐 紹介
posted by まさき at 20:58| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする