2017年11月15日

復讐方法の第一歩はまず想像するところから

やれ色々な条件で復讐方法を探すというのを模索するのは良いですが、まず諸々の流れを想像できないことには始まりません。


目の前のものを手に取るという時、まず頭で取るということを意識するものです。


もちろん反射的に動くということもありますが、復讐は計画するものなので反射的にやることではありません。


だからこそ計画の行く末を想像できないことには成功する復讐もできません。




具体的には復讐行為の流れと復讐の末に辿り着く相手の結末です。


これが現実的に、かつ明確に想像できるのであれば良い計画ということになります。


逆にどう考えても期待している結末にたどり着かないのであれば、現実的ではない、失敗する可能性が高い復讐方法ということです。


ここに関しては本当に現実的に考えないといけません。


理想で語っても実際に動かなければいけないことですから、理想で動けるはずもありません。




もちろん自分でやれなくても復讐屋に依頼することで実現可能なものもあります。


結局のところ自分で無理にやろうとするから失敗するということもあるので臨機応変に考えていくべきでしょう。
ラベル:方法 復讐 想像
posted by まさき at 17:15| Comment(0) | バレない復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

親への復讐方法は親族を巻き込んだほうが良い

親に対する一番の復讐方法は全ての縁を切ってしまうことですが、関係性は保ちつつ復讐したいという方も多いものです。


そんな時に活躍してもらうのが親の兄弟や親、つまり親族に協力してもらうことが何よりも有効でしょう。




年齢を重ねていても親は親、子は子という関係が普遍的であったりするものです。


親子は親子なので子供が何かしたところで普通の視点から捉えてもらえないため良い復讐方法であったとしても効果が低いということがあり得ます。


であれば親子のしがらみから外れている親族に協力してもらう方が話も早いのです。


同じことを言ったとしてもターゲットから見て自分の子供が言っているのと兄や姉が言っていることは意味が違うのです。


ここを利用しない手はないでしょう。




しかし高齢になるにつれて親族がそもそもいないという事情の方も増えてきます。


だからといって自分でどうにかしようとせずに第三者を頼った方が良いでしょう。


人の繋がりというのは生きていく上で必要不可欠です。


誰かしらが自分よりも立場的に上の方がいるというケースが大多数ですから、その方に協力を仰ぐと良いでしょう。


そういう方もいないということであれば、復讐屋など自分が選択できるものから復讐方法を選んでいく流れになります。
ラベル:復讐 方法
posted by まさき at 14:59| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

浮気に対する復讐方法は正攻法から

浮気をされたので徹底的に復讐していきたいということなら、まずは正攻法から進めていくことが良いでしょう。


つまりは弁護士などを伴った慰謝料請求などがそれにあたります。


どうしてこの方法が良いのかは最後までご覧頂くと納得できるはずです。




正攻法での復讐というのは慰謝料請求だけにとどまりません。


請求に伴って事実関係が公になることも含めて復讐の方法と捉えることができるでしょう。


大げさに言えばあらゆる社会的な制裁を受けるので、この時点で恨みが晴れたのなら終わりでも構いません。


しかし未だ許せない、まだまだ復讐が必要だと考えているのであれば次のステップです。




手元には慰謝料など潤沢な資金があるはずですから、これを使って復讐屋への依頼などを行なっていきます。


自分では到底実行できないようなことを代行するのが復讐屋ですし、自分が動かない以上あらたな制裁が可能です。


また自分の懐が痛むことがない訳ですし、非常に有用な手段ということにもなります。


だからこそ正攻法での復讐から入るのが良いですし、後になって効いてくるということなのです。




いや、慰謝料だろうともう自分のお金だし手放したくないという気持ちが強いなら、復讐屋を使わなければ良いだけです。


しかし自分で追加制裁をと考えてもやれることは限られてきますし、意趣返しされるリスクもあります。


これらを天秤にかけて選択すれば良いだけの話ですから、必ず使うべきという話ではありません。
ラベル:浮気 復讐 方法
posted by まさき at 15:55| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

因果応報を待つのは復讐方法ではない

何か嫌なことをされても相手には天罰が下るから自分で復讐をする必要はない。


という話はいわゆる因果応報というものなのですが、これは復讐の方法としては不適切です。


なぜなら復讐というのは自分が何かしら自分の手を使って相手を制裁するもので、待つものではありません。




仮に恨んでいる相手が大病を患うなりしたとしましょう、それで自分自身の恨みは晴れるでしょうか?


多くの方が恨みをもっているままだと思いますし、結局それは復讐を実行していないからです。


つまるところ因果応報を待っても復讐として成立しないということになります。




比較的軽い恨みであれば相手が不幸になることで恨みも晴れると思いますが、大きな恨みほどこれは期待できません。


やはり自分で手を下す、あるい自分の指示なり依頼なりで相手が堕ちていく様を見て恨みというものは晴れます。


一人で実行することが難しい状態でも友人・知人・復讐屋など協力者となる人物は必ず存在します。


恨みを耐えて苦しい時間を過ごしながら因果応報を待つか、即手を下すか選択するのは自分自身です。
posted by まさき at 15:47| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

自分でやれる復讐方法を探す必要はない

復讐方法を探していると自分でやれるかどうかを検討する方が多いと思います。


しかし究極的なことを言えば自分で復讐する必要というのはなかったりもします。


結局のところ自分の望む状態に相手が陥ればそれで恨みが晴れるのではないでしょうか?




もちろんその為に一番簡単そうに見える選択肢が自分で実行するということです。


あくまでも簡単そうに見えるだけで実際のところは復讐方法を探し回っている自分がいる訳です。


ひとまず自分がやるかどうかは置いといて、どういう結末になれば良いかを考えてはいかがでしょうか。




その結末に向けて行動を逆算していき、自分でやれそうなら実行すればいいだけの話です。


難しいのであれば仲間を引き入れるか復讐代行などで対応していく方がスムーズでしょう。


復讐屋に頼むなら相手はプロですから成功率も当然ながら上がると思って良いです。


ですが無理難題を押し付けても断られるのがオチですから、そこは建設的に相談していくと良いでしょう。
ラベル:復讐 方法 自分
posted by まさき at 16:57| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする