2017年09月01日

学生だからこそ出来る復讐方法というのもある

社会人と比べると学生はどうしても使えるリソースというものが違いますから、復讐方法も社会人とは違ったものを考える必要があります。


第一に金銭的な余裕というものがありませんから、復讐屋を使おうにも殆どのケースで依頼することが不可能な状態だったりします。


もちろん金銭的な余裕があって自分で実行できるような内容でない場合に復讐屋を使うのはアリです。




それ以外のケースでどう解決していくかというところですが、やはり学生だからこそ可能な方法を使うのが良いでしょう。


社会人よりも学生の方が勝っている点というのは2つあります。


1つは時間的な余裕は社会人よりも間違いなく多いでしょう。


もう1つは友人知人の繋がりが緻密ですから、協力者を得ることは比較的簡単です。


明らかにターゲットの非が大きいようなケースにおいては仲間を得ることが更に簡単になりますから、これを利用した方が良いでしょう。




自分の復讐に賛同してくれる友人が多いと、それだけで圧力になりますしターゲットに復讐の意志が発覚したとしても数の力で押さえられます。


また自分で何もしなくとも周りが動くというケースもありますから、数の力はそれだけ大きいと思っておいた方が良いでしょう。




兎にも角にも仲間を得て時間を有効活用していけば活路は見えてきますので、やはり諦めないことが一番大切です。
ラベル:復讐 学生 方法
posted by まさき at 20:30| Comment(0) | 学生ができる復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

同僚へ復讐するなら姑息な方法が良い

姑息な手段を相手にとられると「なんて卑怯な!」と思ってしまうものですが、同僚への復讐においては最適な方法となります。


ターゲットに悪しき習慣があるなら、それを噂話として広めてみるだとか、間接的に評価を下げていくと面白い展開になっていきます。


ただし嘘を風評することは法に触れてしまいますから、その点などを注意して行動した方が良いでしょう。




結局のところターゲットがどうなれば復讐完了かということになりますが、辞めるなり降格してしまえば凡そ達成でしょうから、第一手としては良い訳です。


相手によってはそれだけで解決しないこともありますから、次の手を考え実行していき、最終的には辞めさせるという流れで良いでしょう。


徐々に復讐の方法としては難易度が上がっていきますし、ちょっと難しいと感じたら復讐屋に工作の依頼をすることも検討すると良いかと思います。


要は目的が達成できない限り恨みを持つ相手と毎日顔を合わせることになってしまう訳ですから、動き出したら諦めないことが鉄則です。




究極的に自分が退社してでもという気持ちになるかもしれませんが、どうせ辞めるならその前にやれることをやっても良いのではないでしょうか。


こればかりは人それぞれの考え方次第になるものの、多くの方は「会社の同僚を辞めさせたい」とまずは復讐屋に相談しているようです。


復讐屋に問い合わせて聞いた話なので真偽のほどは分かりませんが、そこまで実態とかけ離れていたりはしないはずです。


なぜなら大きな恨みというのは晴らさなければ全く解決しないものですから、頼れるものは頼ってしまうものなのです。
ラベル:復讐 方法 同僚
posted by まさき at 19:48| Comment(0) | 同僚への復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

友達への復讐方法は仲間を作るところから

友達関係であっても復讐したいという出来事は当然ながらあるものです。


ですが友人関係であるからこそ実行する方法を慎重に決めないと色々なものが破綻します。


ターゲットの友達と仲が良い人は全て敵となっていくでしょうし、それが自分の友人達よりも大多数ならハブられてしまうでしょう。


学校や職場だとそんな状態であと何年も関係を持たなければなりません。


それに耐えられるでしょうか?あちらが悪いのに。


そうならない為にも復讐を結構する前に味方を多く引き込んでおくことをオススメします。




どんな仲間かといえばターゲットと共通の友人などターゲットに関係している人物を中心にしていくと良いでしょう。


こちらに非がない出来事が原因で恨みを持っているなら、間違いなく味方になってくれるはずです。


逆に非があると実は逆恨みだったということになりますから、まずは相談という形でアプローチしてみるのはどうでしょうか。


特に共通の友人がいないのであれば味方を作るよりも第三者に任せた方が良いと思いますので、復讐屋などに相談すると良いでしょう。




味方を作っておくことによって復讐を実行した際に「あぁアレの件ね」という理解も得られますし、ターゲットの非がとても大きい場合は周りが勝手に復讐を始めます。


自分で手を下さないと気が済まないというケースはこの限りではありませんが、誰かが勝手に制裁を加えただけでも満足する方は多いのではないでしょうか?


そのあたりは復讐で目指す着地点にも関係してきますので、一番最初に考えておくと良いかもしれません。


いずれにせよ、友達への復讐は方法よりも仲間の数がものを言うということです。

ラベル:復讐 方法 友達
posted by まさき at 20:22| Comment(0) | 友達への復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

バレない復讐方法は至ってシンプル

復讐するにしてもバレない方法でやりたいという方は多いですが、大概の方が勘違いをしています。


それは「バレずに自分で実行出来る方法」を探していたりするからです。


そもそも自分が行動するということは、それだけバレる痕跡を残すということになります。


ハッキリ言ってバレたくないのにこれはいけません。


バレたくないなら痕跡は徹底的に消す必要がありますし、残る可能性がある行為は積極的に排除する必要があります。


ですので発覚を恐れるのであれば自分で動くということを優先事項にしてはいけません。




単純に考えて自分で動くよりも赤の他人が動いた方が発覚の可能性も低くなるのは明確な事実です。


このことから、誰に動いてもらうかというのを優先的に考えていった方が良いのではないでしょうか。


候補としては大きく2つあります。


ひとつはターゲットが知り得ないが自分とは交友がある人物、つまり友人や親戚、知人などです。


もうひとつは復讐代行や復讐屋と呼ばれる完全な第三者ということになります。


絶対にバレてはいけないような復讐においては誰も知らないような第三者の方が良い訳ですから、復讐屋などが筆頭候補になります。


もちろん赤の他人に頼むからには見返りが必要ですし、当然ながら復讐屋も費用を支払って実行をお願いします。


そのコストと見合わない復讐であるなら候補からは消えますし、消えないなら検討していくべきでしょう。




どうしても知人と完全な第三者では交友関係を辿られる可能性を考えると第三者に軍配が上がってしまいます。


とはいえコスト度外視で復讐したいケースというのも全てに当てはまることではありませんから、ここは冷静に考えていくのが良いと思います。
posted by まさき at 20:02| Comment(0) | バレない復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

男の復讐方法だからといって力技は要らない

男性は力があるからどうのという話は復讐方法においては無意味といっていいでしょう。


なぜなら力技で復讐してしまうと当然ながら法に触れるということになります。


力でいって法に触れない行為といったら正当防衛くらいでしょうか。


それを狙うというのはそもそも法に触れてしまう可能性が高いでしょう。


ですので力で復讐というのはオススメしないということになります。




ではどうするかといえば、男女関係なくスマートな復讐方法を使って恨みを晴らしていきます。


何をすると法に触れるか一般的な善悪の基準で考えていけばある程度は形になってくると思います。


詰めの部分で悩んでしまうなら復讐屋などのプロに頼るのも良いですし、友人などの助けを借りるのも良いでしょう。


あまり一人で考えすぎても答えが見つからないどころか、間違った着地点で結論をつけてしまうことも多いものです。


それだけに第三者を絡めるというのはかなり大切なところだったりします。




そもそもの話、着地点だけ決まっていれば復讐屋に全て任せるという選択肢も存在します。


あまりにも手放しだと費用がかさむだけなのであまりオススメしませんが、ここは自分でやるだとか、業者がやるという切り分けも可能です。


もちろん一手に復讐屋が工作を引き受ける形でないと依頼を受けないところもあるので、そこは相談していくと良いでしょう。
ラベル:力技 復讐方法
posted by まさき at 20:36| Comment(0) | 男への復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする