2017年08月21日

夫に復讐したいなら何もしなくて済む方法がいい

結婚生活を続けていると、どうしても許せない夫の行ないというものは1度くらいあるものです。


そういった時に我慢をするのも美徳かもしれませんが、それが原因で家庭が崩壊する可能性もあり得ます。


結論からいえば復讐したいならした方が良いという話で、ただし自分で何もしない方法を選ぶのが望ましいです。




そんな方法があるのか?と言われれば当然あるから言っている訳で、第三者が動く形の復讐であれば自分はなにもしなくて良い訳です。


もちろん自分が復讐の首謀者であることも隠し通さないと意味がありませんから、当然ながら実行できる人物は限られてきます。


この手の相談をしても自分の味方になってくれる親しい存在か、あるいは自分たちと全く関係のない第三者かです。


前者は自分の親族が当てはまりやすいと思いますし、後者は代表的な例でいえば復讐屋などがそれにあたります。




どちらにせよ秘密を守ってくれれば首謀者であることはバレませんし復讐も遂行できます。


両者の違いは身近な存在か赤の他人か、また金銭などのコストがかかるかかからないかです。


費用を払ってまで復讐をする人がいるのかと驚くかもしれませんが、いるから復讐屋がいるということになります。


その疑問については早々に消化してどういう選択肢を取るのか考えていきましょう。




誰かを使ってまで復讐したくないということなら、その程度の恨みという話になってきます。


かといって我慢していたら気がおかしくなるくらいなら、自分でその恨みを過小評価していると思います。


特に何もしなくとも問題なさそうな恨みは1日ほどでスッと消えるくらいの恨みを指します。


数日間ずっとそのことで悩んでいると人間の脳はその出来事をインプットしてしまいます。


そして忘れたとしてもインプットされた情報はずっと脳に残るので、何かのキッカケで思い出してしまいます。


思い出した恨みは以前よりも大きなものとなって帰ってきます。


これが非常に厄介でやり場のない怒りで手を付けられない方もいるくらいです。




そのような結末を迎えるか、恨みを晴らしてしまうか、小さな恨みなので忘れるかの三択なのです。

posted by まさき at 21:40| Comment(0) | 夫への復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

女性でも実行可能な復讐方法?そんなことは関係ありません

女性と男性の違いというのは言わずもがなですが、非力な女性でも憎い男性に復讐するというケースは相当数あります。


というか復讐において男性であるか女性であるかは全くの無関係です。


さらに言えば非力であるかどうかも関係なく、そもそも手を出したら法に触れますので止めましょう。


自分の今後を明るくする復讐というのは罪悪感にかられることもなく合法的に復讐を成し遂げた時だけです。




ただそうはいっても法に触れる復讐方法というのは感情的になった時など勢いでやってしまうケースであることが殆どです。


実際のところ冷静に計画して行動すれば合法の復讐方法は意外とスムーズに出てきます。




どのラインまで合法なのか悩んだら復讐屋など専門家に相談すれば良いだけですし、依頼することだってできます。


もちろん依頼などはコストもかかるので何でも依頼すれば良いという訳ではありませんが、選択肢はあるのです。


第三者に頼んでしまったら、それこそ女性だとか男性だとかは全く関係ない話になってきますから、これもひとつの答えですね。




しかし楽そうな選択肢をチョイスするというのは止めた方が良いかと思います。


復讐というのは大変な労力を費やすこともありますし、費やした労力だけしっかりと見返りがあるものです。


もちろん復讐成功まで諦めなかったらの話ですが。


結局のところ自分の恨みと執念の大きさが左右するのかもしれませんね。
ラベル:女性 復讐 方法
posted by まさき at 20:27| Comment(0) | 女への復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

会社に対する復讐は方法など全てをキッチリ計画してから

最初に断っておきますが、復讐のターゲットが会社そのものだと非常に大きな労力が必要になってきます。


決して復讐できないとはいいませんが法人というのはそれだけ大きな存在なのです。


ですから勢いでどうこうできる相手ではないと思った方が良いでしょう。




具体的な流れを言ってしまえば、まずターゲットの会社がどうなって欲しいか明確に決めます。


会社が潰れて欲しいのか、経営陣を入れ替えてしまいたいのか、といったところでしょうか。




ただし1つ気を付けるべきなのが、中小企業は経営陣の入れ替えというのは難しく総じて会社を潰す流れになると思います。


これは会社を所有する為に必要な株式が経営陣に独占され、非公開なので買い付けもできないからです。


抜け道としては会社を譲渡させたり取引先から多数の従業員もろとも新会社に移すという方法がありますが、非常に手間です。


これが実行できてしまう方の場合、そこまで復讐方法に悩まないというか独立と引き抜きを既に実行していそうですね。


そうなると結局は会社を潰さない限り復讐が達成できないというケースが多いのではないでしょうか。




これを着地点にして計画を逆算していくと十中八九おひとりでは実行に移せるだけの確信が得られないと思います。


だからこそ勢いでどうこうという話ではない訳です。


この手の復讐に精通している復讐屋や会社内部に仲間を作るなど選択肢はある程度ありますが1人では実行できません。


究極的なことをいえば弁護士経由などで不正を告発という手段もありますが、これも不正の情報を得ているなら既に実行しているでしょう。


となると復讐屋などに相談といった選択肢が現実的になってくるのです。
ラベル:会社 復讐 方法
posted by まさき at 19:29| Comment(0) | 会社への復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

職場での復讐方法は基本自分でやらない方がいい

職場での復讐を自らの手で行なってしまうと、場合によっては自分がクビになるリスクがあります。


もちろんそうとは限りませんが、基本的にネガティブな行為をしたら相応のリターンがあると思った方が良いでしょう。


ですので答えとしては他人、それもターゲットよりも上長のポジションにいる人物を使っていくことが望ましいです。


明らかに不正を行っているなら匿名で告発しても良いですし、うまく取り入っていくのもアリです。


とにかく自分はお膳立てをすることに徹して直接は手を下さない。


そうしないと不毛な争いや結果がそこに待っていると思っておきましょう。




もし誰も動かすことができないなら復讐屋などの外部勢力を使うというのも問題ありません。


職場がよほど外部との接触を断つようなところでない限り方法はあるはずです。


部外者が入れないところでも輸送物など何かを職場に入れることは可能ですから、そこを糸口に計画を練れば良いだけです。




仮にそれすら難しいようなところだとしても、職場での実行を諦めて外部で実行すれば良い訳です。


要するに寝泊まりしてるようなところでない限り何らかの方法があります。


復讐を諦める必要はこれっぽっちもないのです。
ラベル:職場 復讐 方法
posted by まさき at 21:32| Comment(0) | 職場での復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

合法な復讐方法というのは探す必要がありません

復讐するための方法を探すとなって、合法なことに拘って何かないかと探しつづけるような方は多いですが、これは間違いです。


そもそも合法かどうかというのは裏技のようなものではなく、単純に法に触れれば違法ですし触れなければ合法です。


要するに復讐であるかどうかは関係ないということですし、復讐そのものを違法とする法律は存在していません。


もちろん復讐なら何でも合法なのかといえば、そういうことではありません。


復讐の中で法に触れてしまえば当然ながらアウトですから、そういうことがないように復讐方法を組み立てていけば自然と合法の復讐方法となります。




ただそれだけのことなんですが、どうしても恨みを持っていると冷静さに欠けて過激なことを考えてしまいがちです。


冷静になろうとしてもなかなか難しいものですし何ともいえないところではありますが、結局のところ冷静に考えられないと後で自分に色々と降り掛かってきます。




ではどうすればいいのか?というところですね。


結局のところ失敗するような流れになってしまうなら、自分ひとりで考えずに協力者を得ると良いということになります。


信頼できる友人に相談してみるのも良いですし、復讐そのものは違法でないということは専門の業者もいたりします。


それが復讐屋というもので、依頼者に代わって恨みを晴らすための工作をやってくれるところです。


もちろん業者ですし赤の他人に依頼をする以上それなりの費用がかかりますから、それでもOKというくらい恨みを持っているなら相談してみると良いでしょう。




自分にできないことをやってもらうという業者に頼むメリットがありますし、結局は自分たちの立ち位置として最近恨みを持って復讐を考えているという存在です。


それに対して復讐屋は日夜復讐に携わっている訳で、そのあたりの経験差というのは非常に大きいといえます。


とはいえそこまでしてという考えも否定されるものではありませんから、利用するかはしっかり考えてからで良いと思います。
ラベル:復讐 合法 方法
posted by まさき at 22:41| Comment(0) | 合法な復讐方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする